中国語検定とは?

中国語は英語についで世界で2番目に使用人口の多い言語です。
中国の急速な経済発展に伴い、ビジネスにおいても中国語のニーズは高まる一方です。

そんな中、1981年にスタートした中国語検定試験
志願者数は年間4万人を超え、累積志願者数は約40万人、累積合格者数も約15万人とすっかり定着してきました。
中国語検定試験は準4級〜1級の6段階に分かれています。

各級のレベルは次の通りです。

準4級…中国語学習の準備完了
学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。

4級…中国語の基礎をマスター
平易な中国語を聞き,話すことができること。

3級…一般的事項のマスター
基本的な文章を読み,書くことができること。

2級…実務能力の基礎づくり完成の保証
日常的な話題での会話が行えること。

準1級…実務に即従事しうる能力の保証
通常の文章の中国語訳・日本語訳,簡単な通訳ができること。

1級…高いレベルで中国語を駆使しうる能力の保証
高度な読解力・表現力を有し,複雑な中国語及び日本語の翻訳・通訳ができること。


中国語検定の3級が、TOEIC750点レベルと言われひとつの目安となるでしょう。

中国語検定の教材はまだ少ないですが、TLTの合格保証ソフトが発売されています。


中国語検定3級合格保証ソフト








この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。